元大和郡山市議、詐欺事件で無罪 奈良地裁「被害者証言に疑い」(産経新聞)

 融資金名目で知人らから計約3700万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われた奈良県大和郡山市の元市議の酒井憲雄被告(63)の判決公判が21日、奈良地裁であり、藤野美子裁判官は「被害者の証言に疑いがあり、金をだまし取ったとは証明できていない」として無罪を言い渡した。求刑は懲役4年。

 酒井元市議は平成14〜19年、知人の女性に製炭事業の拡張資金に使うとうそをつき、現金約2400万円を受け取り、さらに19年、ビジネスホテル建設のため別の夫婦から計1300万円をだまし取ったとして起訴されていた。

韓国籍牧師、女性信者への乱暴を否認 水戸地裁土浦支部で初公判(産経新聞)
雑誌の電子版を提供するサービス「コルシカ」、終了
<名誉棄損>日経新聞OBに200万円賠償命令 著書巡り(毎日新聞)
首相動静(4月16日)(時事通信)
新規事業でサービス向上=斎藤日本郵政社長(時事通信)
[PR]
by uloipjs4sv | 2010-04-24 07:59
スペルボーン(Spellborn)