来たれ外国人研究者 阪大が宿泊施設、患者らも低料金で(産経新聞)

 大阪大が海外からの研究者や付属病院の患者・家族のため大阪府茨木市に建設していた宿泊施設「春日丘ハウス」が完成し、26日、現地で開設式典が開かれた。6月1日から利用できる。

 鉄筋コンクリート3階建てで、長期滞在する外国人研究員向けの部屋は1K〜2LDKの計45室。家賃は月額7万〜18万円。英語のできる管理人が常駐する。

 阪大病院を利用する患者・家族や短期滞在の研究者用の部屋(1人用)も計21室あり、日額3千円で最長1カ月まで利用できる。

 ハウスの立地は阪大病院から徒歩5分。これまで患者や家族は阪大病院周辺のホテルを利用しており、「近くで安く泊まれる施設がほしい」との要望が寄せられていた。

 式典で阪大の鷲田清一総長は「大学として生活のサポートをさらに充実していきたい」と述べた。ハウスの内部は27日午後3時まで一般公開される。

【関連記事】
4月の訪日外国人25%増で過去最高 中国、韓国が牽引
家電など、ビザ緩和で訪日観光客増加 “中国需要”受け入れ態勢整備
外国人客の売上高急増 百貨店、来店8割は中国
お金も無い宿も無い…いつ帰れる?外国人が成田で「難民化」 
火山噴火足止め旅行者 国交省などサポート
虐待が子供に与える「傷」とは?

首相沖縄再訪「辺野古」明言 “公約”と矛盾 偽りの5月決着(産経新聞)
福島氏の訪沖に首相「閣僚として行くのは…」(読売新聞)
<普天間移設>鳩山首相、知事会に一部訓練の受け入れ要請(毎日新聞)
口蹄疫被害対策、約81億円補正予算案 宮崎県(産経新聞)
自民、横路議長不信任案再提出も検討(産経新聞)
[PR]
by uloipjs4sv | 2010-06-02 09:06
スペルボーン(Spellborn)