秋葉原殺傷初公判始まる 加藤被告「申し訳ありません」と謝罪(産経新聞)

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(27)の初公判が28日、東京地裁(村山浩昭裁判長)で開かれた。加藤被告は「亡くなった方、けがをされた方は申し訳ありません。事件当時、記憶にない部分もありますが、私が起こしたことに間違いありません」と起訴内容を大筋認めた。弁護側は「完全責任能力に疑いがある」と述べ、被告の責任能力を争う姿勢を示した。

 公判前整理手続きは昨年6月から計10回行われ、争点は(1)責任能力の有無(2)腕をナイフで切られた被害者に対する殺意の有無(3)被告を取り押さえようとした警察官に対する公務試行妨害罪が成立するのか−の3点。

 検察側は捜査段階の鑑定結果に基づき「完全責任能力があった」と主張。弁護側はこの鑑定結果を「信用性がない」などとして不同意とした。弁護側は、加藤被告が「犯行時は心神耗弱だった」などとし、刑の軽減を求めていく。また、弁護側は、遺族や被害者の供述調書など、検察側の証拠の多くを不同意としている。

 このため、公判では、捜査関係者や事件関係者の証人尋問が不可欠となり、鑑定医や遺族、被害者など計42人の証人尋問が行われることになった。公判期日は8月4日の第22回まで指定された。

 起訴状によると、加藤被告は平成20年6月8日、東京・秋葉原の交差点にトラックで突っ込み、3人をはねて殺害。さらにダガーナイフで4人を刺殺したほか10人にけがを負わせた、などとしている。

 加藤被告は裁判員法施行前に起訴されているため、裁判員裁判の対象外で、プロの裁判官3人で審理が進む。

【関連:秋葉原連続殺傷事件】
街と社会を大きく変えた…アキバ無差別殺傷事件の傷跡
「罪は万死に値する」加藤被告、被害者に手紙
「日本に衝撃」海外メディアも詳報
ロリコン、スピード狂 携帯片手に2ちゃん「2Dしか興味ない」
「どじ」「ひねくれもの」… 加藤容疑者、小中の文集で自己分析

鳥取連続不審死 上田容疑者のウソで固めた人生(産経新聞)
鳥類に近い新種恐竜=1億6000万年前の化石発見−中国(時事通信)
日中歴史共同研究報告書 「政治は未来志向で」官房長官(産経新聞)
【かんさい発 ECO応援団】林業復活へ 吉野杉PR(産経新聞)
小学女児3人が元教諭提訴=学校内の性的暴行事件−広島地裁(時事通信)
[PR]
by uloipjs4sv | 2010-02-03 10:05
スペルボーン(Spellborn)