<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 “人生最大の買い物”と言われることもある住宅。不況のあおりを受けて、不動産価格が値下がりしているとのニュースもしばしば目にするが、目下の状況は買い時なのだろうか。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 ハイアス・アンド・カンパニーの調査によると、住宅購入前の人に「現在はあなたにとって住宅(マイホーム)の買い時だと思いますか?」と尋ねたところ、「買い時だと思わない」が60%と「買い時だと思う」の40%を上回った。年代別に見ると、「買い時だと思う」の割合は年代が上になるほど高くなる傾向にあった(20代33.8%、30代42.5%、40代41.0%、50代41.7%、60代以上52.9%)。

 ハイアス・アンド・カンパニーでは、「昨今、節約疲れによる消費の回復傾向が叫ばれ始めているが、マイホームまではまだ影響が出てきていないようだ」とコメントしている。

 消費者たちは、買い時かそうでないかをどのように判断したのだろうか。マイホームが「買い時だと思う」と回答した人に理由を聞くと、最も多かったのは「物件価格(不動産価格)が下がってきているように思うから」で59.8%。以下、「住宅ローンの金利が下がってきているから」が42.9%、「住宅ローン減税などの税制が有利と感じるから」が40.9%、「賃貸住宅の家賃を支払うのがもったいなく感じるから」が27.2%、「ライフプラン上、購入するタイミングになってきていると感じるから」が19.1%で続いた。

 一方、マイホームが「買い時だと思わない」と回答した人にも理由を聞くと、最も多かったのは「十分な自己資金(頭金)がまだ貯まっていないから」で61.5%。以下、「不況のため今後の生活に不安があるから」が49.7%、「ライフプラン上、まだ購入するタイミングではないから」が27.9%、「購入したいという気持ちはあるが、買い時という確信がないから」が20.3%、「物件価格がもっと下がると思うから」が13.8%で続いた。

 「金利や物価については、底打ちしていると感じている方が多いようだが、住宅の購入となると、不況がおよぼした精神的影響は大きいようで、自分に有利な状況になっていると感じつつも、将来不安のため購入は手控えるという傾向がうかがえる」(ハイアス・アンド・カンパニー)

 ハイアス運営サイト「二世帯住宅大作戦」「住宅ローン大作戦」「土地活用大作戦」上でのアンケート調査で、対象は住宅購入前、住宅購入後のそれぞれのインターネットユーザー2083人(住宅購入前58.6%、住宅購入済41.4%)。調査期間は4月26日から5月15日。

【関連記事】
「5倍、7倍でも可能」うのみ危険、年収別マイホーム購入術
「幽霊なんて出ませんよ」――格安家賃の“事故物件”を探してみた
初めての不動産売買(1)――中古と新築、どちらがいいのか?

酒の安売り、飲み放題の規制強化へ…WHO指針(読売新聞)
うつ病にならないようにする方法(Business Media 誠)
「辺野古」は与党合意違反=社民党首、首相に伝える―普天間(時事通信)
2次元児童ポルノ規制条例 「都の恥」「規制は進歩」 参考人招致で百家争鳴(産経新聞)
「極刑に」 大阪・梅田のひきずりひき逃げ事件公判で遺族陳述(産経新聞)
[PR]
by uloipjs4sv | 2010-05-27 13:18
 ■「あなたの口座が犯罪に」暗証番号聞き出す

 振り込め詐欺対策を担当する警察官らをかたり、キャッシュカードを持ち去り現金を引き出す詐欺が4月中旬以降、近畿で集中的に発生していることが13日、産経新聞のまとめで分かった。2府4県で確認された被害は未遂を含めこれまでに227件、被害額は計約2400万円に上っている。電話でターゲットとなる高齢女性を見つけ、犯行後すぐに別の地域に移動する「ヒット&アウェイ」と呼ばれる手口。カードの受け取り役に「銀行協会」を名乗らせることも共通しており、同一グループとみられる。

 「あなたの口座が犯罪に使われた」。電話でこう切り出されたら要注意だ。

 各府県警の情報を総合すると、不審な電話は4月15日以降、ゴールデンウイーク期間の5月1〜5日を除き、ほぼ連日かけられており、少なくとも227件が確認されている。

 現金の被害は24件で計2416万円。大阪府内の被害額が計1045万円で最も多い。同じ日の被害はほとんどないものの、4月16日には滋賀県と堺市でほぼ同時に犯行があり、複数人で構成する同一の犯行グループとみられる。

 電話をかける警察官役は地域の警察署や「振り込め詐欺対策室」の所属をかたるケースが多い。中には「対策室第1班の班長」と、もっともらしく装う場合もある。「ナカムラ」「キムラ」などを名乗るが、「ナガノ」「ナカノ」がひんぱんに使われるのが特徴。他に「簡易裁判所の職員」をかたる場合もある。

 「あなたの口座が振り込め詐欺に使われ、被害金が入金された。銀行協会の者を自宅に行かせるので、キャッシュカードを渡してほしい」として、暗証番号を聞き出すのが基本パターン。このほか「詐欺グループの家にあなた名義の通帳があった」「偽造カードの中にあなたの名前のものが出てきた」といった誘い文句もある。

 実際にカードを引き取りに来るのは「銀行協会の職員」を名乗るスーツ姿の男。実在の協会名が入った名刺を見せ、信用させたケースもあった。

 カードを渡した後、短時間で数十万〜100万円単位の現金が引き出された。電話で話している間に、カードを受け取りに来た例もある。

 和歌山市内では4月23日に同様の電話が7件相次ぎ、カードを預けた60代女性が107万円をだまし取られた。「電話がかかってきたのは、『か行』『さ行』で電話帳に載っている女性ばかりだった」(県警捜査幹部)という。

 京都府警の捜査幹部は「まず地域を絞り、高齢者専用の名簿で手当たり次第に電話をかけているのではないか」とみる。捜査関係者の間では「警察官をかたる手口で“全国行脚”しているグループがいる」との見方もある。

 全国銀行協会は「職員が自宅訪問をして、カードを預かることは絶対にない。電話で口座や暗証番号を聞くこともあり得ない」と注意を呼びかけている。

沖縄 平和行進スタート 名護市長も出席(毎日新聞)
副操縦士、免許置き忘れ操縦=折り返し便が欠航−日航(時事通信)
三宅雪子氏“自爆”を否定…衆院内閣委員会で転倒負傷(スポーツ報知)
<半田男性変死>酪農業の男をひき逃げ容疑で逮捕…愛知県警(毎日新聞)
山崎直子飛行士 帰国後初会見 「月や火星にも行きたい」(毎日新聞)
[PR]
by uloipjs4sv | 2010-05-18 17:01
 菅直人副総理兼財務相は7日の閣議後の記者会見で、ギリシャ問題を扱う先進7カ国(G7)財務相の臨時電話会談が行われるとの見通しを示唆した。同会談では「欧州連合(EU)から報告があり、ある意味で日米は精神的な理解を求められるのではないか」と述べ、G7声明が発出される可能性に言及した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

「リストラされ…いざこざ」45歳男、義父絞殺(読売新聞)
「母子多く救われたが…」赤ちゃんポスト3年(読売新聞)
口蹄疫対策 宮崎県知事「政府は後手後手」 支援拡充を要望(産経新聞)
草むらに50歳男性の変死体、靴は18m先で発見(読売新聞)
参院選 与党、厳しい過半数 民主、候補者100人超に(産経新聞)
[PR]
by uloipjs4sv | 2010-05-11 00:10
スペルボーン(Spellborn)